Kororon 映画について語るBlog

映画を語りつくす blog ☆ いい映画も、残念な映画も、好きな映画に、無理(?) な映画も、時に、ドラマも

オール・ユー・ニード・イズ・キル  All You Need Is Kill     トム・クルーズ 主演

オール・ユー・ニード・イズ・キル(字幕版)

 

トム・クルーズ主演の映画、というので見に行った、トム・クルーズガンダムみたいな、ロボットスーツ着て、面妖なエイリアンギタイと戦う、というのは新鮮な気がした。しかも、或る原因によって、過去のある時間までさかのぼって生き返り、またそこから、スタートする、記憶だけは、どんどん経験を積んでいく、‥‥、シュールなアイデアで、戦闘経験ほとんどゼロの戦闘員だった、トム・クルーズ扮するキリヤ・ケイジが、どんどん強くなっていく。

 

映画は面白かった、面白かったのだが、何故か、いつになく、ハリウッドっぽくないイメージというか、アイデアというか、雰囲気を感じていたら、原作は桜坂洋という作家による、日本のライトノベルである、とわかった、なので、筆者はノベルも買って、読んだ、それだけ、インパクトがあって、かなり面白かった映画。死んでしまうと、生き返り、同じ過程を生き抜き、失敗したところをうまくクリアして先に進む、という、リセット感が、観ているほうにも、ゲーム感覚のようなものを感じさせて、それも、面白さの一つだったのか、実際、作者の桜坂洋さんが、Web上に公開されていたテレビゲームのプレイ日誌を読んで、この作品の着想を得た、と語っているそうである。

 

もちろん、ゲーム感覚だけがこの映画の面白さではない、キリヤ・ケイジがだんだん強くなっていくプロセス、死ぬことになった失敗を次にはどうやって回避して先に進んでいくか、といったストーリー展開、また、映画および小説には、もう一人、少女リタ・ヴラタスキという、戦闘能力の非常に高い、若き女兵士が登場するのだが、

徐々に変化していく、ケイジと彼女の関係も映画の面白さの一つ、圧倒的強さを誇っているギタイの裏をどのようにかいて、打倒ギタイへと進んでいくか、のストーリーも面白い‥‥主演がトム・クルーズでなくとも見たな、この面白さなら、と思った。

 

先ほどから、ギタイ、ギタイ、と何度も書いているが、この映画のギタイというのは惑星改造のためにエイリアンが地球に送り込んだマシンであり、惑星改造のために人類はじゃま、とみて、人類殺戮をミッションとする、映画はそんなギタイと人類の戦いの映画である、昔から、地球を侵略しようとするエイリアンと地球を守ろうとする人類のバトル映画は数限りなくあった、すぐに思い出せる限りでも、「インディペンデンスデイ」であるとか、同じくトム・クルーズ主演の映画、「宇宙戦争」とか、また、映画「オブリビオン」もこのジャンルに入ると思う。

 

宇宙戦争 (字幕版)

オブリビオン (字幕版)

 

 

こうしてみると、トム・クルーズっていうのは、案外、近未来を描いたSF映画に出演しているね、「マイノリティ・リポート」なんかもそうだし、この映画も面白いよ! 、トム・クルーズ といえば 「ミッション・インポッシブル」に代表されるアクション映画のイメージが強い、ニュースでは、トム・クルーズは次の映画は宇宙で撮影する、なんて言っていたとか、本当かどうだかは、まだ真偽不明。

 

 

 

マイノリティ・リポート (字幕版)

 

 

そんなわけで、この映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」は面白い! 、原作のライトノベルも面白かった、なので、映画が先でもノベルが先でも構わないから、ハラハラドキドキするひと時を過ごしたいと思ったり、面白い映画みたいなあ、なんて思ったならば、是非、この映画をどうぞ!  トム・クルーズ祭りでした!

 

ライトノベル ↓

All You Need Is Kill (スーパーダッシュ文庫)

 

ミッション:インポッシブル (字幕版)

 

Kororonの甘い幸せ💛スイーツblog  はこちら

https://korokororon.hatenadiary.com/