Kororon 映画について語るBlog

映画を語りつくす blog ☆ いい映画も、残念な映画も、好きな映画に、無理(?) な映画も、時に、ドラマも

アニメ映画 千と千尋の神隠し     宮崎駿 監督

千と千尋の神隠し [DVD]

 

まず、ディズニーのアニメがあった、そして、手塚治虫のアニメがあった、そして、宮崎駿のアニメが来た、宮崎駿監督のアニメ映画をすべて見ているというわけではない、スタジオジブリのアニメの強烈なファンというわけでもない、が、宮崎駿監督のアニメ映画には惹きつけられる魅力があり、「紅の豚」から始まって、「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「風立ちぬ」、宮崎監督の作品ではないが、スタジオジブリ制作の「思い出のマーニー」の6本は観た、どれもいいアニメ映画であった、が、筆者の一番のお気に入りは「千と千尋の神隠し」。

 

熱狂的なファンではないといったが、三鷹にある ”ジブリ美術館“ を訪れたことがある、短編映画「水グモもんもん」というのが上映されていて、これも観た、短編ながらいいアニメだな、とここでも感心した、図書室があったり、吹き抜けのホールがあったり、ついさっきまで監督が仕事をしていた、といわんばかりの雰囲気を漂わす小部屋とデスク、大きなネコバスに外には大きなロボット‥‥と、宮崎駿ワールドを心ゆくまで堪能できる美術館、と感じた、外国からの訪問客もいて、世界の宮崎駿人気を実感できたりする。

 

千と千尋の神隠し」、どこがよかったかと問われれば、もちろんアニメだ、アニメの色彩も素晴らしかった、登場人物たちもよかった、どの登場人物もユニーク、個性的、油屋という湯屋の描写もいい、映画の冒頭で両親が豚になってしまう導入もいい‥‥など、この映画の印象はかなりいい。

 

群馬県四万に ”積善館“ という温泉宿がある、この宿は「千と千尋の神隠し」のモデルになったのではないか、という宿である、実際、古く趣のある客室も残っている、実は、筆者はこの温泉宿に宿泊したことがある、雪の降る寒い季節であった、宿の方がこの場所は映画「千と千尋の神隠し」にでてくる場所ですよ、とか、映画にでてくる場所に似ていますよ、とか、説明してくれた。

 

さきほどから、ジブリ美術館を訪れたり、映画のモデルになったのかもしれない積善館に宿泊したり、ジブリの映画は6本も観たりとか、熱烈なファンではないといっておきながら、しっかりファンではないか、という声が聞こえてきそうだ…‥、いや、別に、そういうわけではないんです‥‥まだ、ファンではないと言い張るつもりか‥‥いや、いや、宮崎駿監督のアニメは嫌いじゃないんですが‥‥嫌いじゃなくて、よく観て、ゆかりの地にしげく足を運ぶなら、そういうのを ”ファン“ というんだよ‥‥はあ、そうですか。

 

もののけ姫 [DVD]

 

 

まあ、それはさておき、映画「千と千尋の神隠し」は面白くて、いいアニメ映画である、監督はどうやら10歳の女の子を念頭に置いてこの映画を作ったらしいが、出来上がった映画は10歳の女の子どころが、子供も大人も日本人も世界の人々をも魅了して、メガ大ヒットとなり、ベルリン国際映画賞で金熊賞アカデミー賞で長編アニメ映画賞を受賞したのをはじめ、数々の賞を受賞した。

 

いいアニメ映画なのである、アニメなんて子供の見る映画じゃないか‥‥などと侮ってはいけない、日本のアニメには世界中にファンがいる、日本アニメの底力は強い、アニメの魅力にまだ気づいてない方は、映画「千と千尋の神隠し」で、是非一度、アニメ体験してみてはいかがでしょうか、お勧めです!

 

 

 

風立ちぬ [DVD]

 

 

☆Kororonの甘い幸せ💛スイーツblog  はこちら  https://korokororon.hatenadiary.com/

☆Kororon の徒然日記 Main Room はこちら  https://kororondiary.hatenadiary

☆Kororon  の徒然日記 Main Room      詩 もこちら https://kororondiary.hatenadiary