Kororon 映画について語るBlog

映画を語りつくす blog ☆ いい映画も、残念な映画も、好きな映画に、無理(?) な映画も、時に、ドラマも

映画 我等の生涯の最良の年    ウィリアム・ワイラー 監督

我等の生涯の最良の年 [DVD]

 

 

第二次世界大戦からの復員兵の物語である、あまりない設定ではなかろうか、第二次世界大戦アメリカは勝利者の側にいるわけで、勝利者の側で戦争の英雄であるとか、戦場から帰還した人々のその後を、しかも、その後の苦労を描く、というのは、数少ないかもしれない、ウィリアム・ワイラー監督の着眼点は、鋭かった。敗戦国でも、勝利国でも、戦争という非日常を過ごしてきた人々にとっては、非日常以前の日常に戻ることがどれほど困難を伴うことであるかを、ワイラー監督は描き出した。

 

この映画では3人の、そんな復員兵が主人公となって、メンタルの問題、身体的問題、財政的問題などを抱えながら、社会復帰していく姿を描く、戦時下での功績が平和な社会で何の役にも立たない現実、身体的障害を負った人間の精神的苦悩、経済的に恵まれてはいても、メンタルがすぐには以前の日常に戻れない悲哀、ワイラー監督のタッチは、優しく穏やかに映画全体を包むのであるが、そんな優しさの中に、残酷さ、厳しさ、冷酷さ、を容赦なくブレンドしてくる。

 

劇中、特にそれを感じるのは、両手が義手となったホーマーのエピソードであり、戦時下では英雄であったであろうパイロット、フレッドが直面する、平常時の社会での厳しさ、まさに “Reality bites.” といったところ。が、この映画のいいところは、パイロットのフレッドはそんな厳しい現実に直面しながらも腐ることはなく、粛々と自分の仕事をこなしているところ、ごたごたはするけれど、恋もする、又、ホーマーはフィクションの存在ではなく、実際の復員兵であると知った時の驚愕、彼が自身の苦悩を克服した時の喜びは観ている観客のほうも拍手を送りたくなる。

 

“歴史は繰り返す” という言葉がある、これは真実であると思う、又、しばしばいわれる、”人間は歴史から学ばなければならない“ と言うのも、もっともなことで、とても示唆に富むセリフだと思う、が、思うに、”人間は歴史から全く何も学ばないので、歴史は繰り返す“ という方がより、現実及び真実に近いように思われる。

 

 

7月4日に生まれて (吹替版)

 

 

この映画「我等の生涯の最良の年」は第二次世界大戦の復員兵を主人公にした1946年の映画である、30年後の1976年にはトム・クルーズ主演でベトナム戦争からの帰還者、復員兵の姿を描いた「7月4日に生まれて」、という映画が製作されている。さらに、再び、約30年の後の2014年にはクリント・イーストウッド監督によるイラク戦争の復員兵を描いた「アメリカン・スナイパー」という映画が公開されている。

 

これら3作の映画は、主人公たちが従事した戦争も、戦争が行われていた時期も、復員した後にたどった運命も、もちろん全く異なっているのであるが、3作品の主人公たちは、例外なく全員、戦争という、異常な非日常空間ですごした後に、平常の日常へと ”復員“ し、苦しみぬくという、過酷な物語の映画なのである。これらの映画が製作され、上映されたという事実だけでも、人間がいかに過去の歴史から何も学ばず、同じ愚を何度も何度も、この場合、全く悪い意味で懲りずに、繰り返していることが理解できよう。

 

はからずも、これら3つの映画は全くのフィクションではなく、いずれも、モデルとなる実在の人物がいて、その実在の人物のエピソードをもとにして語られる、この事実は、ずっしりと思い、と筆者は考える。そして、歴史から何も学ばぬ人間がいる一方で、このずっしりと重い事実を、映画化して世の万人に知らしめようとする監督のいることに、映画好きな一映画ファンとして、何か救われる思いがする。

 

映画「我等の生涯の最良の年」にはユーモアもある、先にも書いたが、この3作品の中では、唯一、優しさを感じられる映画である、この映画の中で筆者が好きなシーンは、練習を重ねた義手のホーマーが、おじさんと一緒に二人でピアノを弾くシーンで、なかなかいいシーンだと思うのですが、どうかしら? 一度、ぜひ、観てほしいシーンと、その映画でした。

 

 

アメリカン・スナイパー(字幕版)

 

 

 

☆Kororonの甘い幸せ💛スイーツblog  はこちら  https://korokororon.hatenadiary.com/

☆Kororon の徒然日記 Main Room はこちら  https://kororondiary.hatenadiary

☆Kororon  の徒然日記 Main Room      詩 もこちら https://kororondiary.hatenadiary