Kororon 映画について語るBlog

映画を語りつくす blog ☆ いい映画も、残念な映画も、好きな映画に、無理(?) な映画も、時に、ドラマも

映画  DUNE/デューン 砂の惑星     ティモシー・シャラメ 主演

デューン 砂の惑星(DUNE) [輸入盤国内品番仕様] 通常CDプレス盤

 

遅ればせながら、映画「DUNE/デューン 砂の惑星」を観ました。もしかしたら、劇場で見るのはギリギリセーフかと思われるタイミング。映画のほうは、面白く、間に合ってよかったと、観終わった後には胸をなでおろし、劇場を後にした次第。筆者は、映画「スター・ウォーズ・シリーズ」の大のファンなので、どうしても、映画「スター・ウォーズ・シリーズ」を思い出し、映画「スター・ウォーズ・シリーズ」と比較しながらの映画の始まりとなりました。

 

もっとも、原作の物語としては、「デューン 砂の惑星」のほうが、ずっと早く書かれていて、「スター・ウォーズ」のほうの物語は、デューンのずっと後にできたものであり、スター・ウォーズに登場するルークの故郷の惑星タトゥイーン、フォースの力や、ルークの修行や、皇帝に支配されている宇宙なんていうのも、デューンを参考にしたんだな、と思ってしまうのであり、実際に、デューンから多くの影響を受けていると言われている。が、一方で、映像としては、スター・ウォーズのほうが早く、このシーンは、スター・ウォーズのあのシーンと似ている、などと思える部分も無きにしもあらず。それで、まあ、結局のところ、映画「DUNE/デューン 砂の惑星」は面白く、両者を気に入っているファン、筆者にとっては、どちらが先でも、後でも、全然かまわないと言ったら、かまわないわけで‥‥。

 

そんな、映画「DUNE/デューン 砂の惑星」であるが、冒頭、この物語にでてくる、様々な登場人物、場面設定、デューン独特の用語、言葉は複雑なので、物語全体の流れを理解するのに少々手間取るかもしれない。特に、「デューン 砂の惑星」を、この映画が初めて、と言う方にとっては。そこを、何とかクリアして、家臣、兵士を含めたアトレイデス家の一行が、デューンこと、惑星アラキスへの移動をはじめ、アラキスへ到着したあたりから、映像のスケールの大きさに驚愕しつつ、デューンの世界に入って行けるのでは、と思う。

 

それに続く、香料採掘現場の視察、砂虫との初顔合わせと続くシーンでは、砂漠の広大さと美しさが際立つ、”砂の惑星“ というタイトルであるのだから、この監督は砂漠のシーンにも、もちろんこだわったのだろうな、と感じた。映画の冒頭で、砂漠の美しさ、美しく果てのない砂漠に潜む砂虫という危険、続いて、その危険な砂漠を住居として縦横無尽に砂漠を闊歩する砂漠の民の存在を観客にみせる。

 

割と静かに淡々と映画は進行してゆき、砂漠の映像は素晴らしい、と思うのであるが、映画「スター・ウォーズ/ 新たなる希望」で、映画の冒頭から帝国軍の戦艦スター・デストロイヤーがでてきて、宇宙船バトルが展開されてゆく、あのスピード感がデューンにはない、などと思ってしまう筆者。しかし、ハルコンネン家と皇帝による陰謀が展開され始めるあたりから、しだいにテンポは上がってゆき、とうとう、アクションに次ぐアクション、スピード感ないどころか、ここに至って、すっかりデューンの世界にはまりきってしまったのでした。

 

また、香料視察の際や、後半のバトルの際に活躍する ”羽ばたき機“ と言うのが登場する。本来は、オーニソプターと言う命名で、小説では鳥型飛行機と訳されている。映画に登場するオーニソプターは ”トンボのよう“ と形容されることが多いようだが、このソプターを観た瞬間、筆者は、ヘリコプターの羽が妙に長く、長く、なった、ヘンテコな乗り物だ、というイメージで、デューンの世界にヘリコプターの変わり種みたいな乗り物出さなくてもいいんじゃないか、もっと、スマートでスタイリッシュな宇宙船にならなかったのか、と少々不満に思っていた。が、後半のバトルシーンになると、なかなかこの “羽ばたき機” と言うのも侮れなく、突然鳥が翼を閉じて飛行するがごとく、ヘンテコな長い羽根をピタリとボディーにくっつけて、猛スピードで飛行し始める。その迫力には圧倒された。まあ、元の呼び名が、”鳥型“飛行機であるからね。

 

このように、いくつか筆者が首をかしげたくなるシーンもあったのだが、いい意味で筆者の期待を裏切りながら、映画「DUNE/デューン 砂の惑星」はラストを迎える。2時間以上に及ぶ長い映画と思ったが、観終わってみれば、あっという間の2時間と少し。続編ができるなら、できると思うのですが、期待できる、面白い映画でした。

 

 

☆つぶやいています Twitter  Little My 💟Movie Blogger@kanbekun

 

☆言葉・もて・遊ぶ blog あります。   言葉遊び:詩とエッセイのブログ          

https://kororondiary.hatenadiary.jp/

 

☆こちらは、チョコレート・エッセイ  主に、スイーツに絡んだ詩とエッセイです。

https://korokororon.hatenadiary.com/

 

☆こちらに書評もあります。     本が好き!👇

https://www.honzuki.jp/user/homepage/no15241/index.html