Kororon 映画について語るBlog

映画を語りつくす blog ☆ いい映画も、残念な映画も、好きな映画に、無理(?) な映画も、時に、ドラマも

映画 白い恐怖  イングリット・バーグマン/ グレゴリー・ペック  主演    アルフレッド・ヒッチコック 監督

白い恐怖(字幕版)

 

イングリット・バーグマンが白衣に身を包んで、精神分析医を演じる、美しさを白衣に閉じ込めてしまうとは、もったいない、と感じる向きもあろうが、白衣を着ていて、髪が乱れていても、イングリット・バーグマンの美しさは損なわれることなく、グレゴリー・ペック演じる医師兼、患者兼、容疑者は出会ってたった一日目で、イングリット・バーグマン演じる麗しき医者、コンスタンスと恋に落ちる。グレゴリー・ペックは非常に若い、普段見慣れている銀幕のペックに慣れているものにとっては、若すぎる、っていう感じもしなくはない、ほりが深く精悍な顔立ちは、彼の演技力もあってか、魅力的かつ、狂気に満ちた雰囲気を十分すぎるくらいに漂わす。

 

そんな、ペック演じるバランタインが、イングリット・バーグマン演じるコンスタンスに一目ぼれするならば、コンスタンスのほうでも、ペック演じるバランタインに一目ぼれ、そんなコンスタンスによるバランタインへの信頼感がなければ、この物語は展開していかない。邦題では「白い恐怖」というタイトルがついているが、英語のタイトルは「Spellbound」といって、”魔法にかかった“ ”魅せられた“ ”うっとりした“ という意味で、タイトルから見る限り、ヒッチコックはこの映画のサイコスリラー、サスペンス性よりも、コンスタンスとバランタインが、出会ったとたんに恋に落ちてしまうという、恋の不思議を観客にみせたかったのか。

 

とはいえ、ヒッチコックの観客を恐怖に陥れる、テクニックは冴えており、記憶喪失となったバランタインが白い色と白い色に描かれる直線を見て、失神する、我を忘れる、思いもよらない行動に出る…など、息をのむシーンは多い、彼が夜、剃刀を手にしてコンスタンスの師、ブルロフ博士の屋敷内をさまよい、博士に遭遇するシーンは秀逸、怖かった、また、コンスタンスにあれほど信頼されているが、もしかしたら、やっぱり、バランタインは有罪か、と、何度も何度も思わせる演出も、実際有罪かどうかは映画を観て確認してほしいが、さすが、さらに、みているほうは、コンスタンス、精神科医としてのキャリアを投げ出して、恋に走るか‥‥という展開もうまい。

 

この映画では、精神分析というメンタル治療法が取り上げられ、コンスタンスがバランタインを含めた患者を治療するシーンも描かれる。また、フロイトの夢判断、も取り上げられ、劇中では、コンスタンスとブルロフ博士、コンスタンスと彼女の務める病院の院長との間で、バランタインの見た夢についての分析が行われる、まあ、実際には、映画で描かれているように、シンプルに即座に分析できるとは限らないかもしれないが、フロイトの夢判断をうまく、事件解決の鍵に使った、というところはうまい。

 

新訳 夢判断 (新潮モダン・クラシックス)

 

そして、映画の最後、コンスタンスはある人物と対決する、ここも大きな見せ場の一つ、イングリット・バーグマンの見せ場でもある、みているほうは、たった一人でちょっと無謀ではないの、とか、やっぱり、危険じゃないの、とか、助っ人いた方がいいんじゃない、など、ちょっと、ハラハラ、ドキドキさせられるシーン。というわけで、かなり古い映画なのだが、最初から、最後まで、観客を飽きさせることなく、引っ張っていくところ、ストーリーテラーヒッチコックが腕を見せたか。

 

さいごに、コンスタンスとバランタインが初めてキスをするキスシーンがあるのだが、この時、意識の流れを映像で見せていると思うのだが、次から次へと、閉じられていた扉が開いていくシーンがある、筆者はコンスタンスの意識が ”愛“ に開かれていく様を映像化したのではと思う、コンスタンスという医師はそれまで、仕事、研究一筋で、恋愛などしたことはない、という設定、なんか、このシーンまでで、ヒッチコックがこの映画で伝えたかったこと、終わっちゃたかな、なんて、気もしないことはないが、映画はちゃんと最後まで観よう、サスペンス満点で、面白い、是非、みてほしいな。

 

精神分析入門(上) (新潮文庫)

 

☆Kororonの甘い幸せ💛スイーツblog  はこちら  https://korokororon.hatenadiary.com/

☆Kororon の徒然日記 Main Room はこちら  https://kororondiary.hatenadiary.